ラズベリーパイ(Raspberry Pi Zero WH)の初期設定(ディスプレイ、キーボードなし)

2019/02/13

t f B! P L
新しくディスプレイやキーボードを準備しなくても、パソコン(Windows)のみでラズベリーパイ(Raspberry Pi Zero WH)の初期設定ができました。

その設定方法を詳しく紹介します。

Raspberry Pi Zero WH



ままあちゃん
やったー!
ラズベリーパイがきたよー





まあちゃん
わーい! ブルーベリーパイ食べたい!



ままあちゃん
ラズベリーだってばw
ちっちゃいコンピューターだよ
ロボットとか、いろんな工作ができるんだって






まあちゃん
すごーい! ぼくも作りたい!



ままあちゃん
まずは使えるように、設定しようね




ネットの情報をいろいろ調べて、設定していきましたが、うまくいかず苦労したところもありました。

もしかしたら、難しいく感じるところもあるかもしれませんが、一つ一つ丁寧にやっていけば、大丈夫だと思いますので、ぜひトライしてみてください。

準備するもの

1ラズベリーパイ(Raspberry pi zero WH)
詳しくは、こちらです。
Raspberry Pi Zero WH
2 microSDカード 8~32GB
詳しくは、こちらです。
Team microSDHCカード 32GB 高速転送UHS-1 日本国内10年保証 SD変換アダプター付属 正規品
3 microUSB電源ケーブル
スマホの充電ケーブルでOKです。
詳しくは、こちらです。
microUSB電源ケーブル
4 パソコン
microSDに書き込めるもの。
詳しくは、こちらです。
エイスース 13.3型ノートパソコン ASUS ZenBook UX331UN ロイヤルブルー UX331UN-8250B

Windowsのバージョンを確認

作業に入る前に、Windowsのバージョンを確認してください。

Windows 10のバージョンは、1809以降を強くおすすめします。

その前のバージョン、Windows 10 Version1803には、ラズベリーパイとうまく接続できない不具合がありました!

詳しくは、Windowsからラズベリーパイ(Raspberry Pi Zero WH)接続で「無効なホスト」エラーを見てみてください。

ちなみに、Windows10のバージョンは、Windowsの左下のスタートボタンをクリックし、[設定]-[システム]-[バージョン情報]で確認できます。

Windows10 設定

OS(Raspbian)をダウンロード

ラズベリーパイ(Raspberry Pi)のOS Raspbian(ラズビアン)をダウンロードします。

ラズベリーパイ(Raspberry Pi)公式サイトの「Download ZIP」ボタンをクリックし、「2018-11-13-raspbian-stretch-full.zip(1.84GB)」ファイルをダウンロードします。

Raspbianダウンロード

(いまだにADSL環境なので2時間くらいかかってしまいました)

ちなみに、左側のボタン「Download Torrent」について。

Torrentは、専用のクライアントソフトを使用して、みんなで協力してダウンロードし合おうよというものです。

自分がダウロードしたファイルを、今度は自分のPCから、他の人のPCにダウンロードさせてあげましょうというルールがあります。

参考 Torrentの違法性と合法的利用!!この方法なら逮捕されない?Torrentの本当の使い方!

SDカードをフォーマット

SDカードフォーマッターをインストール

SDカードをフォーマットするためのソフト「SDカードフォーマッター(SD Card Formatter)」をインストールします。

SDカードフォーマッターは、SDカードの性能が最適になるようにフォーマットしてくれるソフト(無料)です。

 SD Association(公式サイト)から、OS(Win/Mac)に合った「SDカードフォーマッター」をダウンロードします。

SD Card Formatterダウンロード

ダウンロードしたファイル「SDCardFormatterv5_WinJP.zip」を解凍します。
解凍ソフトをまだインストールしていない方は、Lhaplus (ラプラス)などの解凍ソフトを入れてください。
解凍した「SD Card Formatter 5.0.1 Setup JP.exe」ファイルをダブルクリックします。
指示に従って、デフォルトの設定のままインストールします。

SDカードをフォーマット

microSDカードをパソコンに挿し、正しく認識されていることを確認します。

「SD Card Formatter」アイコンをダブルクリックし、SDカードフォーマッターを起動します。
SD Card Formatterアイコン

「このアプリがデバイスに変更を与えることを許可しますか」というウィンドウが表示されたら、「はい」をクリックします。

フォーマットオプションで、「上書きフォーマット」を選択して、「フォーマット」ボタンをクリックします。

SD Card Formatter上書きフォーマット

「上書きフォーマット」を行うと、SDカードに初期不良がないことを確認できます。
「全てのデータが消去されます」という確認画面が表示されるので、「はい」ボタンをクリックします。

SD Card Formatter確認画面


フォーマットが無事に終了しました(フォーマットに20分くらいかかりました)。

SD Card Formatter完了画面

SDカードにOS(Raspbian)を書き込む

SDカード書き込みソフトEtcherをインストール

SDカードにOSを書き込むソフト「Etcher(エッチャー)」をインストールします。

balena Etcher」にアクセスし、OSに合ったファイルをダウンロードします。

balena Etcherダウンロード


ダウンロードした「balenaEtcher-Setup-1.4.9-x64.exe」ファイルをダブルクリックすると、Etcherがインストールされて、自動で起動します。

SDカードにOS(Raspbian)を書き込む

自分で起動する場合は、「balenaEtcher」アイコンをダブルクリックします。

balena Etcherアイコン


「Select image」ボタンをクリックします。

Etcher select image


先ほどダウンロードしたOSの「2018-11-13-raspbian-stretch-full.zip」ファイルを選択し、microSDカードをパソコンに挿した状態で「Flash!」ボタンをクリックします。

Etcher Flash



「このデバイスに変更を加えることを許可する」ウィンドウが表示されたら、「はい」ボタンをクリックします。

終了したら、右上の×をクリックしてウィンドウを閉じます。

「ディスクをフォーマットしますか?」というウィンドウが表示されたら、「いいえ」をクリックして閉じます。

これで、SDカードにラズベリーパイ(Raspberry Pi Zero WH)のOS Raspbian(ラズビアン)が書き込まれました。

SDカードにラズベリーパイの設定を書き込む

ラズベリーパイのSSHをオンにする設定

SDカードにラズベリーパイ(Raspberry Pi Zero WH)とSSH接続するための情報を書き込みます。

今のラズベリーパイ(Raspberry Pi Zero WH)は、初期状態でSSHがオフになっています。

bootドライブ(SDカード)の直下に空の「SSH」という名前のテキストファイルを保存することで、SSHが自動で起動するようになります。

SSHとは、Secure Shell(セキュアシェル)の略称で、リモートコンピュータと通信するためのプロトコルです。

認証部分を含めネットワーク上の通信がすべて暗号化されるため、安全に通信することができます。


パソコンのmicroSDカードを一度抜き差しすると、microSDの中が見えるようになります。

パソコンのエクスプローラでSDカードを見てみると、bootという名前のSDカードの下にずらっとファイルが保存されています。

ファイルの空いているところで、マウスの右ボタンをクリックし、表示されたメニューの[新規作成]-[テキストドキュメント]をクリックします。

ファイル名が「ssh」(拡張子無し)というファイルを作ります。中身は空っぽでOKです。

テキストファイルを新規作成

Wi-Fiの設定ファイルを書き込む

ラズベリーパイ(Raspberry Pi Zero WH)が起動した時に、自動でWi-Fiに接続するように設定ファイルを作成します。

bootドライブ(microSD)の直下に「wpa_supplicant.conf」という名前のテキストファイルを作り、以下の内容を書き込みます。

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
country=JP

network={
        ssid="接続したいSSID"
        psk="SSIDのパスワード"
}

SSIDやパスワードは、Wifi親機の設定を確認してください。うちの場合は、Wifi親機の横のシールに書かれていました。

ラズベリーパイとSSH接続する

TeraTermをインストール

ラズベリーパイ(Raspberry Pi Zero WH)に接続するソフトTeraTermをインストールします。
窓の杜のTeraTermのページからダウンロードします。

Tera Termダウンロード


ダウンロードした「teraterm-4.101.exe」ファイルをダブルクリックします。

インストーラーの指示に従って、デフォルトの設定のままインストールします。

ラズベリーパイ(Raspberry Pi)を起動!

ついに、ラズベリーパイ(Raspberry Pi Zero WH)を起動します!

パソコンのSDカードアイコン上で右クリックして「取り出し」を選択し、microSDカードをパソコンから取り外します。

ラズベリーパイ(Raspberry Pi Zero WH)にmicroSDカードを挿して、ラズベリーパイ(Raspberry Pi Zero WH)の電源microUSB端子に電源microUSBケーブルを接続すると起動します。

きゃー 超ドキドキしました! 右下の黄緑色のLEDが30秒くらいチカチカします。



この時、Wifiにつなぎにいっているので、無線LAN親機の「AOSS」ボタンを押すなど、無線環境に合わせて接続できるようにしてあげてください。

ちなみにうちの無線LAN親機は、WZR-450HPという2012年に発売された古い機種ですが、無事につながりました。

TeraTermでSSH接続する

30秒くらい経って、ラズベリーパイ(Raspberry Pi Zero WH)のLEDがチカチカから点灯に変わったら、「Tera Term」アイコンをダブルクリックして起動します。

Tera Termアイコン


「新しい接続」画面が表示されたら、

ホスト: raspberrypi.local

と入力し、「OK」ボタンをクリックします。

Tera Termの新しい接続


「セキュリティ警告」の画面が表示されたら、「このホストをknown hostsリストに追加する」をチェックして「続行」ボタンをクリックします。

ここで、うまくつながらない場合、少し時間をおいて、リトライしてみてください。

それでもダメなら、名前解決ができていない(ラズベリーパイ(Raspberry Pi Zero WH)が探せていない)可能性があります。

Windowsからラズベリーパイ(Raspberry Pi Zero WH)接続で「無効なホスト」エラーで詳しく説明しています。

無事に「SSH認証」画面が表示されたら、

ユーザー名: pi
パスワード: raspberry

と入力して、「OK」ボタンをクリックします。

Tera Term SSH認証


これで、接続できれば、成功です。


まあちゃん
やったー! おめでとうございます!



Tera Term

ラズベリーパイ(Raspberry Pi)を停止

シャットダウンするには、このコマンドを入力します。
$ sudo poweroff    ($ shutdown -h now でもOK)
これでラズベリーパイ(Raspberry Pi Zero WH)が正常に終了して、TeraTermの接続も切れます。

ちなみに再起動(リブート)は、こちらです。
$ sudo reboot ($ sudo shutdown -r now でもOK)


うさたん
お疲れ様でした!

まとめ

ラズベリーパイ(Raspberry Pi Zero WH)の設定は、うまくできたでしょうか?

初めてTeraTermで接続できたときは、思わずガッツポーズが出てしまいますよね。第一関門突破です。

参考にさせていただいたサイトはこちらです。有益な情報をありがとうございます!

Raspberry Pi Zero Wをディスプレイやキーボードなしで初期設定、Wi-Fi接続

Raspberry Pi をディスプレイ/キーボードなしで初期設定する

このままでは、セキュリティ的に不安なので、次の記事では環境設定をしていきます。

専用のディスプレイやキーボードを使わずに、 パソコン(Windows) だけで ラズベリーパイ ( Raspberry Pi Zero WH )の 環境設定 をしていきます。

このブログを検索

プロフィール


こんにちは!
小学生の男の子 2人のママです。

ラズベリーパイを使った簡単な電子工作とプログラミングに挑戦しています。

よかったら、詳しいプロフィールも見てください。

QooQ